chito photo

猫と山とカメラの日々

殺してやろうか?

月曜日の朝はただでさえ機嫌が悪いのに…



いつものように、通学のバスに乗ると珍しく混雑している。ちょっとしたおしくらまんじゅうをカマして乗り込まないといけないほどにだ。



むぅ?、暑い、暑い。

なんなんだ、この熱気は。

運転手のオッサン暖房入れすぎじゃねぇか?

しかも、このすし詰め状態。隣のご婦人は汗で化粧が乱れつつある。うしろのオヤジはチトくさい。参った。イライラしてきた。



しかも、運転手のオッサン態度が悪い。

「お客さん。も、ちょっと詰めてもらえますか(怒)」(停留所ごとに言っている)

オイオイ、サービス業だろが!

「申し訳ございません。車内大変混み合っております。お手数ですが少々詰めてご乗車願います。」が正解。



暑さと、混雑でイライラ状態の俺は、殺意さえ覚えた。



なんとか、怒りを収めていつもの停留所で降りようとした間際、更に殺意を覚える光景が目に飛び込んだ!!



野郎、若干窓空けて運転しやがってる(殺)



確信犯かこのヤロ!暖房切りやがれ!

まぁ、文句も言えずに降りる小市民なんですが(笑)



某JバスのW谷って運転手!逝ってヨシだな。